ワガママすぎて どうにもならない子への優れた対処法【発見!】ワガママすぎる理由はなに?

ae10096a5528cc0f7309d0f2980079b5_s

極端に足が遅い我が子・・。どうしたらいいの?

ワガママは
一定の人間関係の間でのみ
通じるものだと思います

しかし
たまに勘違いした
大人が居るのも事実です

子供の頃のワガママは

親の対処次第では
死ぬまで続く事もあるかも
知れません

そうなってくると

親も考えて対処する必要が
ありますよね

子供のワガママなんて
どの家庭にも
当たり前にある事です

しかし
その時の親の対応は
家庭ごとに違ってきます

自分のやり方は
果たして合っているのか?

不安になる時もありますよね

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいの?

効果的な方法なんてあるのかしら??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「我が子の行動」が変わるかもしれません。

今回は【ワガママすぎて どうにもならない子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

子供がワガママすぎてどうにもならなかったらとりあえず冷静になれるところへ連れて行き、それでもグズってゴネて、ワガママを通すならしばらく放っておきます。大体はちょっとすると静かになります。コッチが引きずられてパニックにならないようにして、どんなにワガママを言っても冷静に見ていられる度胸がポイントだと思います。

一概にわがままと言ってもその時その時に理由があるはすなので全体ではなくその時のわがままについて対応してあげると良いです。

ワガママな態度に苛立つ気持ちを抑えて、本気で、そこまでの対応はできないことを伝えます。これは仕事と同じような感じですね。いつまでも曖昧な態度は相手の期待をムダに膨らますだけで良い事は1つもありません。出来ない事は出来ないとハッキリと伝えられるかどうかだと思います。そして「あなたの事は大切だけど、ママはそこまでやってあげられなくて困るわ。ゴメンネ」という言い方をしてみてください。案外素直に応じる時がありますよ。

本当にワガママが炸裂したときは、無視します。話しかけられても、無視し続けます。子供が気づくまでです。ワガママ言ってごめんねと言うまでです。これは、効果がありました。

なにかひとつ怖い存在を作っておきました。パパだったり、オニだったり、オバケだったり、虫だったり・・。いつも出すのは良くないですがどうにもならないときは「オバケくるよ!」と言うとウチの子は「こわい!」と言って言うことを聞きます。

うちのこの場合は鬼から電話のアプリがめちゃくちゃ怖がるので、どーにもならない時は電話して鬼に来てくださいと言うと『ごめんなさい。』とあやまってきます。

子どもが3歳の頃、反抗期が始まって、何に対してもとにかくコチラの言う事と正反対の行動をするようになりました。優しく諭しても、厳しく言い聞かせても反発してくるばかり・・。そこで、危険なこと、他人の迷惑になること以外のワガママは広い心で受け止め、したいようにやらせることにしました。例えば、「オヤツをもっと食べたい!」とワガママを言うなら満足するまで食べさせました。そうすると当然夕飯は入らなくなります。そこで夕飯にあえて子どもの好物を作りました。子どもはもっと食べたいのに入らなくて愚図りますが「オヤツいっぱい食べちゃったからしょうがないよね」と言うだけで後は放っておきました。子どもは悔しそうにしてますが、満腹なのはどうにもならず、その内諦めました。そして次の日のオヤツの時間、昨日のオヤツの時に今日の分まで食べてしまっているので、当然オヤツはありません。子どもは泣きじゃくりますが、家中探してもオヤツになりそうな物はないので子どもは泣きながらも最終的には諦めざるを得ません。このように、ワガママは聞いてあげるけど、 最終的に本人が損をする流れへと持っていくと子どもも「ワガママを言う=自分が損をする」と覚えて、ワガママの回数が減っていきました。ワガママは甘えたい気持ちの表れでもあると思うので「ダメダメ!」と否定するよりも「しょうがないなぁ~」と受け止めつつ、それが本人にとって良かったか悪かったかを自分で考えさせることも大切かなと思います。

最初は言い分を聞いてあげますが、それでも止まらないときは、抱っこします。それでもダメなら「これ以上はママも困ります。」と徹底的に無視です。無反応。疲れきった頃に抱っこします。そうして落ち着いてきたら再度お話をすると素直になります。

甘えは許しましたがワガママは一切無視しました。いちいち反応して ダメな理由を述べてもパニックになり聞かず余計喚いたり泣くことがあったので無視しました。無視されることで言ってもどうにもならないとわかったようです。そのかわり、ワガママを我慢できた時はうんと褒めました。

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■徹底的に無視をする
■その要望には応えられないとハッキリと伝える
■周囲の目があってもグズりが収まるまで冷静に待つ
■甘えはいくらでも受け止めたがワガママは放置した
■ワガママは後々自分にハネ返ってくる事を行動を通して教えた
—————-

子供はそもそも
甘えん坊ですから

ママの前では
ついつい甘えが行き過ぎて

ワガママ放題になる事もあります

しかし
ママたちはその反応を
見逃しておらず

甘えとワガママは別・・。

体験談を通して

それが如実に
浮かび上がってきました

いくら甘えてもいいけど
ワガママは流せません!!と・・。

いまワガママを通すと
後々になって後悔する事になる

そういった体験は

出来れば家庭で
小さいウチに体験させておく

そういう教育方法は
実に合理的だと思いました

大人になってから
無駄な心労を重ねてほしくない

一時のワガママよりは
一時のガマンを教えて

先を見れる人間に
なって欲しいですよね

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。