学校の勉強についていけない子への優れた対処法【発見!】勉強についていけない理由はなに?

9cfe4123acb4ee39006f3ffe7030bfb6_s

勉強についていけない我が子・・。どうしたらいいの?

勉強に付いて行けない

これは困りましたよね・・。

そのツラさを
親は良く知っているだけに

親もツラいですが

親は一度
通ってきた道ですし

勉強を重ねると
将来どうなるかが

大体ですが
わかりますよね

それならば我が子には

沢山勉強して貰って

将来は
普通に生活してるだけでも
普通に会社に行くだけでも差が出るような

そんな暮らしをしてもらいたい
他とは違う基本給を
手にして貰いたい所ですよね

これは
圧倒的な差が出る事が
わかってるだけに

親は
アセりますよね

しかし
事はそんなに簡単でも無い

我が子が
楽しく勉強に
取り組めるようになるには・・。

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいの?

効果的な方法なんてあるのかしら??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「我が子の行動」が変わるかもしれません。

今回は【勉強についていけない子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

勉強についていけず全くわからない・・。勉強に対して拒否反応が出る程でした。まずは勉強に向き合う事からだと思ったので、先生にも相談して、宿題など別メニューを出してもらい、前の学年の復習からやらせていきました。まずは簡単な問題から、できる感覚を実感させ自信をつけさせ、徐々に追いついてきています。

子供が小学校に入り初めてのテストで0点をとってきて、先生から電話が来た時に焦りチャレンジタッチを始めました 。勉強の仕方をゲーム感覚でやれる事に本人は楽しみながら勉強の仕方を覚える事ができた様で、成績もグッとあがりました

我が子は小学校3年生頃まで勉強嫌いでした。学校の宿題だけでも1時間泣きながらやるほどでした。正直、私が 泣きたいくらいの日々でした。3年生から掛け算も始まり急に授業もスピードアップしてきて、授業が理解できなくなるとさらに勉強嫌いになっていきます。勉強嫌いの我が子にどうにか、家庭学習の習慣を身に着けなければと考え、インターネットから無料のプリントなどを印刷し、我が子が理解できる範囲まで戻りプリントを毎日解く習慣を身に着けました。我が子も理解できるところであれば、スラスラと解けるので勉強が楽しくなってきたようです。そのうち「お母さん、もっと問題だして」と言ってくるようになり、現在は小学校5年生になりましたが、家庭学習の習慣が身に着いたせいか、自分なりにテストで100点を採れるよう努力する姿がみられるようになりました。テストの前日は教科書 を何度も読んでいきます。以前では考えられません。やはり勉強は解ける楽しさをたくさん経験させてあげるといいような気がします。その為には復習が大事だとおもいます。

我が家は共働き、娘(小3)は鍵っ子なので、宿題はママが仕事から帰るまでにやってもらってます。昨年算数の時間に習った「時計の読み方」でつまづきました。口での説明だと全く理解ができず・・。なので本屋さんで売っている小さい子が使うような「時計付きの絵本」を買ってきて、一緒に動かしながら教えました。「~分前」「~分後」を「前に戻る」とか言い方を変えて。なんとか少しわかるようになったようですが、今でもたまに混乱するので絵本は欠かせません。子供が理解できないと言ってくれる事は大変大きなチャンスだと私は捉えています。具体的に説明できるように多少のお金や時間が掛かってもトコトン付き合うようにしています。

分からないままにしておくと、どんどん遅れを取ります。そのため、私は夏休み冬休み等の長期休みを利用して、自分がつまづいた場所から教科書の問題、ドリル、応用問題と徹底的に復習をしていきました。時間は掛かりますがかなりの効果が得られて、学期明けの中間テストでは8割を超える正答率を出しました。勉強が出来ない事を早めに親子で認め合って、今出来る事の為に時間を作る事しか親にはできません。教科書があれば復習をする事は出来ます。1日1ページ、1問でもいいので、徹底的に理解するまでやるのは絶対に必要な事だと思います。

最初は物で釣ることは悪くありません。結果的にできるようになります。大人の助けも必要です。しかし、ある程度できるようになったら報酬制度は撤廃し内発的動機ができるような言葉がけが必要です。それは1番身近にいる人が1番わかると思います。

子供が学校の勉強についていけなかったら、よく授業に集中するように言い、宿題や、予習復習を一緒に見てあげます。親にでも先生にでも、わからない事があったら必ず質問をするようにと言います。疑問が湧かないのは勉強していない事だと日頃から伝えています。

まずは親子で教科書を一緒に勉強することです!子供の目線で親も勉強することで子供は反抗しませんし、素直に違いの意見を言い合えるので効果抜群です!

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■復習を徹底的にやった
■自宅学習の教材を始めた
■簡単な問題を説かせて楽しみを教えた
■予習・復習・宿題は必ず親子で毎日やる
■解けない問題を親子で徹底的に取り組んだ
—————-

ここは
最も簡単な方法で

最低限の動きで

まずは子供に
勉強の楽しさだけを
教えて行きたいですよね

そうなると
まずやるべき事は

なんなのでしょうか?

ママたちの体験談を
見てみると重大な答えが
出ていましたね

そうです「復習」です

これなら子供も
既視感があるし

ある程度は
話をしても理解できる

そうとなればこれはもう
今日からでも始めないと!!

そういう気にもなりますよね

なぜならば
今すぐできる作業だからです

今日とったノートと
教科書があれば

スグにでも出来る

理想としては
親が質問したら

子供が

これは要するに・・。

と、説明出来るくらいに

それくらいになってくれれば
これはもう大成功と言う事に
なりますよね

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。