一人で勉強ができない子への優れた対処法【発見!】一人で勉強ができない理由はなに?

68fafbefaa0099d69e97f81bef44c670_s

一人で勉強ができない我が子・・。どうすればいいの?

机に向かったと思ったら
スグに投げ出してしまう・・。

毎度毎度こんな感じだと
親もついつい感情的になり

怒ってしまうママも
困ってしまうママも
多いと思います

特効薬ないかしら?

いつになったら
1人で勉強してくれるの?

いつまでも子供1人に
背負わしたままでは
ラチが開かない事も理解できるけど・・。

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいの?

効果的な方法なんてあるのかしら??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「子供の勉強」が変わるかもしれません。

今回は【一人で勉強ができない子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

小3のうちの息子は問題集を買ってやらせても、少しでもわからないところがあるとイライラしてやる気がなくなりケンカばかりになっていました。そこで面倒なのですが私自身が教科書などを見て問題を考えノートに手書きで問題を作っています。レベルを普通とかゲキムズとか書いてちょっとイラストをつけると、ママが作った問題は楽しいと言って自分から勉強をするようになりました。時間がないときは大変ですが、息子が学校で何を勉強しているかもわかるし、私自身も勉強になります。

集中力が散漫している時には、母親が何かに集中するフリをすることが効果ありました。私は読書するフリをしてみたら、子どもが勉強机に向かいました。

一人でできないのは、うちの場合は話がしたいからと勉強が難しくて一人でできない時です。なので、まずは話をいっぱいして、一段落してから宿題を確認しています。難しくてできないようなら、一問は一緒に説いて、そのあとは一人でやらせています。

いきなり一人は嫌がるのでココまでやったら一人で頑張ろうと励まします。たまにはおやつなど用意し終わったら食べようねと伝えます

勉強が一人で出来るまで寄り添います。そして徐々に離れて一緒の部屋で勉強をさせていき、ゆくゆくは一人で自立へと導きます。

15分だけお勉強してみようねと言う。目の前に目覚まし時計を置いて、15分後の時間を伝えます。この15分単位を繰り返すと、一人で勉強できるようになりました。

私が見ていないと勉強をサボりがちな息子には、宿題が終わるまで好きなアニメはお預けね。と言うと、集中して取り組んでくれます

毎日言われなくても、勉強が自分で一ヶ月きちんとできたら、月のお小遣いをあげるという事を決めたらキチンとやるようになりました。

教育に必要な大切な事は、子供との会話だと思います。親が子供にかみ砕いて
「勉強は大事な事だよ」と、言っても最初は理解ができないと思うし子供も言わなきゃやらないので「勉強しようね」→「しなさい」→「しなきゃダメ」と、だんだんキツイ言い方になってしまいます。私の経験 では勉強が本当に出来ない子はいません、まず勉強を進める前に子供に夢とか目標を持たせることが大切だと思います。例えば、サッカー選手なら数字が読めるといいね、自分が数字を覚えると背番号が分かるよね、あの子何番だったね、子供が好きな事や遊びから勉強に優しくつなげていく工夫が必要ではないでしょうか。学校の先生は、子供との会話の重要性を意識して勉強を教えている先生が少ないのが現実です。その反面、親が先生を頼りにしているのも事実です。勉強する子供からしたら、先生も親も同じ大人。さほど変わらないものです。話を元に戻すと、子供は一人ではなぜ勉強しないのか、どうしたらさせられるのかとの疑問を私なりに言うと、勉強も大切だと思いますがまずは親と子供の会話の時間を十分に持つ事から少しづつ始めればいいと思います。

子供の勉強はリビングでするのが効果的です。なんでもかんでも教えるのではなくて、解らない所を丁寧に教えると、デキルと言う達成感が子供に出てくるので、サボらず頑張って勉強します

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■ご褒美を用意する
■親が問題を作る事から始める
■親が机に向かう姿を子供に見せる
■最初の数問は親も一緒にやってあげる
■子供の目標を見て、それに関連付けて勉強させる
—————-

最初から
1人で勉強はできません

みんな最初はママと一緒に
始めている事でしょう

それならば
予め子供の問題集を

ママ自ら手に取って
把握しておく必要が
あるのかもしれませんね

そこまでくれば
デキるママとデキる子供

この図式も成り立つのかも
知れませんね

お宅のお子さん
勉強頑張ってるね
成績いいって聞いたわよ

こんな現実も
日々の取り組みで
可能なのだと思われます

まずは親が手本になる事が
最も近い方法なのかも知れませんね

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする