パズル遊びがうまくできない子への優れた対処法【発見!】パズルが苦手な理由はなに?

2ebea6a78d425754f8bab0251859ac00_s

パズル遊びが苦手な我が子・・。どうしたらいいの?

パズルは
頭を使いながら

同時に
手も動かして
目も動かして

とにかく
全神経をアテこんで

集中しないと
達成できないモノです

横で見ている方も

ナゼか横から見ている方が
よくわかったりして

ついつい

そこじゃないのに~
違う違うコッチコッチ

なんて
イライラ
ハラハラ

させられてしまいます・・。

子供がパズルを
スイスイ解くと言う事は

それだけ集中力が
養われていると
言う事なのでしょう

ぜひ、我が子には
楽しみながら
難題に挑戦して行って
欲しいモノですが・・。

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいの?

効果的な方法なんてあるのかしら??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「我が子の行動」が変わるかもしれません。

今回は【パズル遊びが苦手な子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

同じ色の物を見つけて「コレとアレは同じ色だから、隣かもね!」と形以外で隣になりそうな物を見つけさせました。色、形、位置関係、法則、等々・・。パズルには様々な要素があり、全て目に見えているので、コツを教えると一人でもサクサク進められるようになりました。

見本を見て少し頑張らせてみます。それでもダメな場合は外枠のパズルからハメて確認させました。後は、アンパンマンが好きだったらアンパンマンの。妖怪ウォッチが好きだったら妖怪ウォッチのと、子供がその時に興味のあるパズルをやらせてみました。現在はパズルは一旦卒業しましたが、見本がなくても出きるようになりました。

パズルは子供によって得手不得手が分れます。やりたいけどうまく出来ないのなら横について一緒にやってあげるといいです。その時に親がハメてしまうのではなくヒントだけ上げます。うまく出来たらめいっぱい褒めてあげてください。

まずは、見やすいように裏返しになっているピースを全て表にします。次に外枠を組み立てていきます。組み立て終わったら、見本の絵を見ながら、ピースをグループごとに分けていきます。(例えば、森の部分、空の部分、人、花など)グループ分けが終わったら、そのグループの中 で組み立てていきます。
そして外枠との配置を見本を見ながら確認して残りのピースをはめていきます。各部位ごとに大きく分けていき、徐々に細かく分けていくようにします

平面のパズルだと上手くできないと思うとすぐ飽きてあまりしてくれなくなりました。なので、平面パズルからキューブ型パズルに換えるとうまく行きました。好きな絵のところを合わせようと必死になって 今では上手く合わせれるようになりました。

角や端っこの方からすすめます。これはここかなぁと、言う感じで。ある程度イラストを覚えていたら、これは雲、○○の目という風にパーツを覚えます。

子供がパズル遊びが上手くいかなくて少しイライラしてる時には、直接正解を教えるのではなくて正解のパズルを子供の目に止まるように置き換えて正解する喜びを味あわせるようにしています

焦らせない、急かさないを念頭に置いたことば選びをしました。まずは全部を並べてみて似ている形を集めることからはじめました。そして、角を埋めて4辺を埋めることを教えました。

娘が小さいころ、パズルなどの細かい作業が本当に苦手でした。すぐに投げてしまうのです。さすがに困った私はパズルを自作しました。まず100円ショップでノリ付きの発泡スチロールの板を買ってきて、娘の大好きなキャラクターのポスター を貼り付けました。そして4~6等分にいびつな形に切り分けました。ポイントは、市販のパズルより大きく簡単に切り分けることです。
最初は4等分にして、できるようになったらさらに分けていくことで、どんどん難しいパズルにすることができます。興味をもってできるようになったら普通のパズルも挑戦。最初から市販のもので出来ないって思うより、手作りのパズルで親子で楽しみましょ。

パズルの下の台紙の1ピースごとにペンで縁取りカラフルにしました。そこに子どもの好きなキャラクターも書きました。よく形を見てくれるし、どこに置くのか 聞かれたときにもキャラクターの絵を描いてあるので、そのキャラクターの名前を教えると探しやすいし教えやすかったです。

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■目に見える事が全てなのでよく観察させた
■市販品より簡単なものを自分で作って与えた
■興味のあるキャラのシグソーパズルを何回もやらせた
■親はヒントだけを出して作業は子供に最後までやらせる
■行き詰まったら正解のピースを目に留まる場所に置いた
—————-

パズルには
向き不向きがあるようですね

ママたちの体験談を見ていると
そんな印象を受けましたが

しかし
やってるうちにコツを掴んで

いつの間にか出来るようになる
そんな印象も受けました

アチコチにハメようとするよりは
1つの場所に何度も違うピースを置いて

確認しながら
1つ1つ潰していく方が

頭の整理もつきますし
ヒントも与えやすいですよね

ついつい
手を貸してあげたくなりますが

横で見ながら
ヒントをあげるくらいにして

子供の成長を見ながら
一緒に楽しみたいですね

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。