靴を左右 逆に履いてしまう子への優れた対処法【発見!】見分けられない理由はなに?

03c4f7fcd23e6e8cb07c272ca2d63e7f_s

いつも靴が左右 逆・・。どうしたらいいの?

大抵の子供は
クツを履かせると

必ずと言っていいほど
左右逆が当たり前

だったりしますよね

子供からすれば
クツの左右なんて

どうでもいい事
なのかも知れません・・。

足が守れていれば
そんな事はどうでもいいのでしょう

しかし
左右が違えば
当然歩きづらいです

転びやすくなる事も
考えられます

これは
突き詰めれば

健康に直結する
大きな問題なのかも
知れません

子供には
左右ちゃんと
理解して
履きこなしてほしいですが・・。

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいの?

効果的な方法なんてあるのかしら??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「我が子の行動」が変わるかもしれません。

今回は【クツを左右逆に履いてしまう子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

 息子は2歳半くらいまで必ずと言っていいほど靴を左右反対に履いていましたが、靴の外側にアンパンマンの顔のボタンを縫い付けてあげました。アンパンマンがお外が見えるように靴をはいてごらんと言ったらちゃんと履けるようになりました。手先が器用な方でしたらフェルトで お子様の好きなキャラを作り縫い付けたらよいかと思います。

 子供が自分でわからなくなるから、書いて!と言ってきたので、ひらがなで「みぎ」、「ひだり」と書きました。左右はわかっていたので、これでバッチリでした

 靴の左足は右側に、右足は左側に、小さなワッペンを付けていました。靴を合わせるとワッペン同士がくっつくようなイメージです。上履き等、柄もなくわかりにくいものも左右間違わず に履けるようになりました

 左右逆に靴を履いてしまう時は、ありきたりかもしれませんが、左右の靴を正しく合わせることでキャラクターの顔になるよう靴に絵を描きました。子どもが好きなキャラクターだと子どもも喜ぶのでオススメです。

 うちの長男は赤が好きだったので靴の右足のかかとに赤い印をつけました。靴を履く前に赤い印を確認するように促し、慣れてきた頃には左右間違える事がなくなりました。

 靴の形から左右を見分けるのは幼稚園位だと難しいようです。小さなボタンを親指側につけてボタンとボタンがくっつくように履くようにさせました。

 まだ、子供は、紐で縛る靴をはいていませんが、マジックテープ式の靴をはいています。右は、マジックテープが最後に右側に止まったら正解。同様に左は、左側に止まったら正解と教えました

くつの中敷きに、絵を描きました。左右正しく並べて、右と左をちゃんと合わせればアンパンマンの顔が現れるように絵を描きました。

子供の利き手のほうの靴のかかとの辺りに自分で好きな色をつけさせました。自分でつけたので忘れません。

子供が靴を履く前に、必ず「ちゃんと合ってる?」と聞いて確認させました。
やってあげるのではなく、本人に覚えてもらって自分で行うことが大切だと思います。

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■片方にだけ印を描いた
■中敷きに目印の絵を描いた
■クツの外側にボタンや生地を縫い付けた
■マジックで「みぎ」「ひだり」と書いた
■左右を合わせると1つの絵になるように描いた
—————-

ママたちの体験談を見ると

絵を描いたり
印をつける
ボタンを縫い付ける

両方にやってしまいがちですが

片方だけにやるという
アイデアは秀逸ですね

常に
どちらかにしか
ボタンが付いていない
絵が描いてある

それだと
子供でも理解し易そう

そんな感じがしましたね

子供が勝手に成長して
何事も理解し始める

そう考えたいですが

実際は
親が知恵を植え付けた方が

何倍ものスピードで
吸収して成長するのでしょう

知恵を惜しみなく与えて
楽しく子育てして

簡単な事だからこそ
簡単に理解できるように
ママが手を添えてあげる

そんな印象を受けましたね

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。