おねしょがなかなか治らない子への優れた対処法【発見!】おねしょがなかなか治らない理由はなに?

53ab31b23eed97bf2c49ebbee0a70486_s

おねしょがなかなか治らない我が子・・。どうしたらいいの?

日常生活の中に

子供のおねしょと言う事故が
1つ割り込んだだけで

シーツの洗濯
敷き布団の天日干し

これらのビッグイベントが
割り込んできます・・・

これは大きいですよね
大事故です

仕事を抱えたママならば
今後の人生にも影響してくる

そんな可能性も秘めています

モチロン悪い方向にですが・・。

しかし
ココで一番ツライのは

おねしょしてしまった
子供の方なのでしょう

ついつい
親の都合で
親だけが忙しい顔をしてしまい
子供の前で知らず知らずのウチに

感情を出してしまいがちですが

子供の方がツライと思います

しかし
いくらツライと言われても
こんな日々が続くとなると

この先一体どうしたらいいのか?

八方塞になってしまい
不安になりますよね・・・

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいのでしょうか?

効果的な方法なんてあるのでしょうか??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「我が子の行動」が変わるかもしれません。

今回は【おねしょがなかなか治らない子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

子供のおねしょに効果があった方法は、寝る前に抱っこやギューっと抱きしめて、その日の出来事なども話しながら必ず「◯◯ちゃん、大好きだよ」と言うことです!ピタッとおねしょが無くなる訳ではないのですが、信じられない位に激減しました。それから、たまにしてしまっても怒らない事。「パンツぬれちゃったの??洗うから洗面所に置いといてね?」と対応するようになってからは、洪水のようなおねしょはなくなりました。

色々試してみましたが、一番効果的 なのはベッドに入る二時間前以降にはなるべく水分を取らせないということです。

我が家では就寝中に起こして強制的にトイレに連れて行きました。最初のうちは夜中2時前後。次第に朝4時まで…など。(就寝中でも連れて行って座らせるとします)我慢できる時間が次第に延びていきました。そして日によっては夜中自らトイレで目を覚ましたり。おねしょをしてしまっても、パッドや紙パンツなどは使用しませんでした(笑) 朝、気持ち悪いのをあえて体感させます。親は毎日夜中にトイレに連れて行き、そして連日布団を干す…ことになるかもしれませんがやって正解でしたよ!

夕食時や就寝前に水分を多くとってしまうと「おねしょ」をしてしまうことが多くありました。ですから、日中はたくさん水分を摂らせるように声掛けをして、就寝前には飲み物は飲まないようにしました。夕食時に、スイカなどの水分の多いデザートは避け、夏場のかき氷も日中のみに限定しました。

おねしょは、子どものメンタルな部分が影響してしまうこともあるので、あまりしつこく怒ったり、何でと詰め寄ることはしませんでした。ただ、トイレに行ってから寝る習慣をつけさせました。

おねしょが続く場合は、寝る前に必ずトイレをすませる。出なくてもトイレに行く習慣をつける。それと、飲み物をそんなに飲まない。おねしょで布団が濡れるのが嫌な場合は、赤ちゃん用のオムツ変えシーツを引いて寝かせるといいと思います。

寝室を寒くしないことが一番効果がありました。うちの子はそんなにおねしょをする方ではなかったと思うのですが、部屋を冷しすぎてしまったり、下半身が冷える服装だったりするとおねしょをすることが多かったです。

普段の生活でおもらしはしないのですが、おねしょはしょっちゅう。毎日布団におねしょシーツが必要でした。小学校になったので色々調べてみましたが、特にコレという対処法は見つかりませんでした。その中で「しても怒らない」「しなかった時は誉める」という事があったので、私に出来ることはこれ位かなと思い実践。「おねしょした~」の時には「じゃぁパンツ新しいの履いたらいいよ」「しなかった~」の時には「やったね~?ちゃんとトイレ行ってから寝たの?偉いね」などと褒めちぎり。結果今では月に1回もないくらいになりました。

うちの息子も小さい頃おねしょがナカナカ治らずに悩んでいました。年々頻度は減ってはいたものの、小2~3くらいまでは続いていたので「これはさすがに病気なのでは・・・」と悩んだ位です。寝る前にトイレに連れていく、夜水分の多いものは控える・・・等々、誰でも思い付くような事は実践していましたが、それでも治りませんでした…。息子がおねしょをする度に様々な手間が増えてしまう事にイラついた私は「どうしておねしょしちゃうの?!」と毎回子供を攻めてしまっていました。今思い返せば当たり前ですが、どうやら、それがさらにプレッシャーを与えてしまってたようで いつまで経っても治りませんでした。責めたり、怒ったり、プレッシャーを与えたりすると「おねしょをしちゃイケない」っていう緊張から安心感を得られず、また同じループにハマってしまうのかなぁ…とその時思ったので、自分なりに悩んだ結果とにかく感情的にならずに「おねしょは悪い事じゃないよ」と安心感を与えることから始まって「でも、お友達には言えないねぇ?少しずつ一緒に直していこうね」と言いました。それから劇的に!!とは言えませんが・・・目に見えておねしょの回数は減ってきて、その後数ヵ月で治りました。!色々試してはみたものの、安心感に勝るものなし、でした。今では感情的になって攻めてしまった事を後悔しています。世界中が敵になっても「ママだけはアナタの味方だよ」と子供の身になってあげれなかった事。時間が戻せるのなら戻ってやり直したいと激しく後悔しています。子供がつらい思いをしている時に思いやる気持ちは忘れたくないと思いました。

うちの息子は、小学一年生までおねしょをしていました。雨の日におねしょをされると布団も乾かないし毎晩のことなのでイライラもしました。ですが、一番気にしているのは本人なので、絶対に怒らず責めず、寝る前にきちんとトイレだけ行かせて、あとはそのまま放置しました。私は私の出来る事だけをしながら成長を見守りました。そうしたら、二年生になるころにはいつの間にか治っていましたね。

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■寝室の室温に気を配った
■寝る間のドリンクを止めた
■愛情表現を過剰な程に体全体で表す
■寝る前に必ずトイレに行く習慣を付けた
■しても怒らずに対処して、しなかったら大げさに褒めた
—————-

おねしょする子
おねしょしない子

この差は一体なんなのでしょうか?

真剣に考えれば考えるほど

飲んだ水の量が問題なのか
出した水の量が問題なのか

このどちらかと思ってしまいますが

今回集まった
様々な体験談を見ると

どうも、そうではない

そんな印象を受けました。

子供の精神的な面が
大きく影響している

そして、ママが受ける
精神的、肉体的な重さを

子供に見せれば見せるほど
子供にもプレッシャーがかかる

そんな感じなのでしょうか

親は気にもせず淡々と
子供にも何も言わずに

黙って布団を干し
シーツを交換して

また
昨夜と同じように
布団を敷いて

昨夜と同じ環境で
子供を眠りにつかせる

寝る2時間前から飲み物禁止
そして、寝る前のトイレ

ざっと思いつく限りでは
親が出来る事はこれくらいしか
ありませんが

ついついイライラして
これらの作業をやる時に
子供に対して感情を出してしまう

そういった事が重なると

子供にプレッシャーが掛かり
精神的な何かが影響して
おねしょをしてしまうのかも知れません

小学生になる前までには
とにもかくにも

子供には
おねしょをどうにかして貰いたい

これは全ての親子の
願いだと思います

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。