待ち合わせに しょっちゅう遅れてしまう子への優れた対処法【発見!】しょっちゅう遅れてしまう理由はなに?

9723f33221e15f370c0987edfef1fe54_s

しょっちゅう遅れる我が子・・。どうしたらいいの?

時間にルーズな人を見ると
イラつくのは私だけでしょうか?

いやいや、絶対に
誰もがイラついているハズです

しかし、実際問題
何よりも本人が一番
キズを負っているのだと思います

自業自得と言うのは簡単ですが

もしも我が子が
遅刻魔とか
アイツはだらしない

なんて周囲に思われて居たら・・。

もう、そんな噂話が出回り始めたら

その子の一生
決まったようなモノです

私はだらしのない
遅刻魔です

そんな暗示が
頭の中を日に何度も巡り

そうこうしているウチに
身も心もそちらに引きずられ

いつしか
だらしないだけの
大人になって行く・・。

怖いですよね。

こんな時

一体、どんなタイミングで、
どういう行動をしたらいいの?

効果的な方法なんてあるのかしら??
みんなは、こういう時にどうしているの?

以下の「ママたちの体験談」を読んでいただけたら
これからの「我が子の行動」が変わるかもしれません。

今回は【待ち合わせに しょっちゅう遅れてしまう子】について
世の中のママたちの体験談を読んでいただきたいと思います。

同じ悩みを持っている方の
効果が高かった【体験談】がありますので

この中から
あなたの【悩み】が解決する方法が見つかると思います♪

ご覧ください

↓ ↓ ↓
ママたちの体験談

学校の登校や友達と待ち合わせ時間に15分前に家を出れるようにいつも声をかけることです。それが、だんだん生活リズムになっていきます。

相手の気持ちになって考えることができるように、あえて子供を待たせてみたことがあります。心配になる気持ちが理解できると思います。

先生が「5分前行動の大切さについて話してくれました。待ち合わせに遅れる事で相手に迷惑をかけてしまう事、心配させてしまう事などの様々な弊害について考える機会をくれました。相手がいくら遅れて来てもいいという気持ちの余裕こそが自分を守ると言う事。自分だけでも「5分前行動」を意識すれば、遅刻した事で相手との雰囲気が悪くなったりせずに済む事や、相手に気を使う必要も無くなる。それが当たり前と言う顔を出来ればもっといい。自分が余裕を持って行動できる事で、相手の事をもっと考える事が出来る事。挨拶の声も自然と大きくなる。たった5分が人間を根本から変える事が出来る。という話を聞いて、実際に自分で実践してみると本当にそうでした。心に余裕が生まれるし、私の行動を見ていてくれて、私を信用してくれた方も沢山居ました。たかが5分ですが、人付き合いはその場だけのものではありません。待ち合わせに遅れる事でどういった害があるのか、待ち合わせ5分前に現場に着く事でどういった利点があるのか、細かい事かもしれませんが紙に書き出して子供と確認するだけでも色んな事が見えてきます。

息子が小学生の中学年だった時に、私との待ち合わせで時間通りに来なかったので帰りました。徒歩15分の小さな映画館で映画を見る約束でした。映画館にある伝言板にもう帰るとメッセージを残して帰宅しました。すごく悲しかったです。約束の場所で、約束した時間に待ち合わす事が出来ないというのは大変なストレスになります。それ以来、映画は二度と行かなくなりました。息子も何かを感じたようで、それまではヒドかった遅刻グセもすっかり息をひそめたようでその後はちゃんと時間は守るようになり友達からの忠告もなくなりました。

待ち合わせに遅れるということは、その前の行動が遅いからなんですよね。だから逆算をするということを子供に身につけさせると効果的だと思います。

自分がされたら嫌なことはしない!と教えています。ただ、うちの子は時間にルーズなところがあったので低学年のウチは待ち合わせ時間が迫ると「もう〇時だよ。」と教えてあげていました

相手がいての待ち合わせです。今後、社会に出て周りの人に迷惑をかけて欲しくないので、5分前行動を普段から基本にしています

子供には秘密で家全体の時計を15分程早めました。子供部屋に関しては、20分程、時間を早めに設定しておきます。

待ち合わせの2時間ほど前に一度ポンポンと肩を叩き起こします。鳴っている目覚ましは止めません。待ち合わせに遅れると声をかけ、ぐずっているかまだ起きようとしない時は声をかけてから目薬をさす。子供用のしみないタイプのものです。これでほぼ目を覚ますのですが、無理に脳を覚醒させているのか機嫌は悪いですね。

うちの子が待ち合わせに間に合うように行かないときは、時間を守れないならば約束するのをやめなさいと言っています。遊びに行くのも時間を守れないならば行くなといっています。

ママたちの体験談を
簡単にですがまとめてみると

—————-
■家中の時計を10分程度進めておく
■5分前行動を基本として常に意識させる
■1日の流れの中で時間感覚を身に付けさせる
■親がスケジュールを把握して前もって声をかける
■わざと待ち合わせで遅れて待たされる側の気持ちを体感させた
—————-

子供が知らない間に
家中の時計を進めておく

これは究極の遅刻対策ですよね

これをヤラれてしまったら

どんなにイヤでも
「あの子はシッカリしている」と

周囲から持ち上げられて
良い子になってしまいますね

ママからすると

時間にルーズな人を

今までに
何度も見てきているでしょうから

我が子がそうなってしまうのを
みすみす見逃すワケには
行きませんよね

5分前行動は
もう何十年も前から伝わる
偉大な知恵です

実践して損は無い所か
得のが絶対に多いので

できれば今すぐにでも
身に付けてほしいですよね

ぜひ、上記のママたちの体験談を
参考にして頂けたらと思います。